【都道府県】小松菜(こまつな)の産地・生産量ランキング

スポンサーリンク

日本の小松菜(こまつな)生産量の概要

日本の小松菜(こまつな)生産量ランキングのアイキャッチ

小松菜(こまつな)の生産量、日本一は茨城県です。

2位以降の順位とシェア・推移についても、表とグラフで掲載しています。
目次から任意の項目にジャンプすることもできます。

スポンサーリンク

最新ランキングと国内シェア

※「最新」の意味について:農林水産省による主要な野菜・果物の統計の確報が公表されるのは「翌年の12月頃」です。そのため、2020年(令和2年)の生産量については、2021年12月頃の更新になります。

日本の小松菜生産量の割合グラフ2019年

・小松菜(こまつな)生産量の日本一は茨城県で、全国シェアは17.8%です(2019年)。

・生産量1位の茨城県、2位の埼玉県、3位福岡県の3県あわせて、国内生産量の約41%を生産しています。

順位都道府県生産量シェア(構成比)
全国114,900 (t)
1位茨城20,400 (t)17.8%
2位埼玉14,300 (t)12.4%
3位福岡12,000 (t)10.4%
4位東京8,270 (t)7.2%
5位群馬6,920 (t)6.0%
6位神奈川6,820 (t)5.9%
7位千葉5,590 (t)4.9%
8位大阪3,740 (t)3.3%
9位京都3,410 (t)3.0%
10位北海道2,200 (t)1.9%
表:都道府県別の小松菜(こまつな)生産量と全国シェア(2019年)
※都道府県名のクリックで、各都道府県の特産物一覧ページを開きます。

1位:茨城県

茨城県の小松菜生産量についての詳細
茨城順位数値全国シェア
生産量1位20,400 (t)17.8%
作付面積1位1,090 (ha)14.9%

・国産小松菜の生産量(収穫量)1位の産地、茨城県の年間生産量は20,400 (t)で、全国シェアは17.8%です。

・作付面積は1位で、1,090 (ha)です。
⇒これは茨城県全体の約0.179%を占める広さに相当し、「茨城県の約559分の1は小松菜畑」という計算になります。

2位:埼玉県

埼玉県の小松菜生産量についての詳細
埼玉順位数値全国シェア
生産量2位14,300 (t)12.4%
作付面積2位832 (ha)11.4%

・国産小松菜の生産量(収穫量)2位の産地、埼玉県の年間生産量は14,300 (t)で、全国シェアは12.4%です。

・作付面積は2位で、832 (ha)です。
⇒これは埼玉県全体の約0.219%を占める広さに相当し、「埼玉県の約456分の1は小松菜畑」という計算になります。この「都道府県面積に対する小松菜作付面積の割合」は埼玉県が1位です。

3位:福岡県

福岡県の小松菜生産量についての詳細
福岡順位数値全国シェア
生産量3位12,000 (t)10.4%
作付面積3位703 (ha)9.6%

・国産小松菜の生産量(収穫量)3位の産地、福岡県の年間生産量は12,000 (t)で、全国シェアは10.4%です。

・作付面積は3位で、703 (ha)です。
⇒これは福岡県全体の約0.141%を占める広さに相当し、「福岡県の約709分の1は小松菜畑」という計算になります。

4位:東京(小松菜という名前の由来の地)

東京都の小松菜生産量についての詳細
東京順位数値全国シェア
生産量4位8,270 (t)7.2%
作付面積5位457 (ha)6.3%

・東京都の小松菜生産量は8,270 (t)、全国4位です。

・小松菜の名前の由来は江戸川区の「小松川」と言われており、もともとは同地区の特産物でした。現在でも江戸川区は都内最大の小松菜産地が形成されています。

スポンサーリンク

国内生産量の推移

日本の小松菜生産量の推移グラフ2019年まで
年次全国茨城埼玉福岡東京群馬その他
2006年90,8002,44014,4003,1609,4103,39058,000
2007年92,7003,05015,2003,2709,0904,10057,990
2008年95,0004,10016,3003,9409,0104,10057,550
2009年97,8005,08017,2004,5008,7504,19058,080
2010年99,1006,25018,3004,9508,5804,78056,240
2011年102,3006,27018,7005,7009,0405,23057,360
2012年100,5006,75017,5006,8607,7905,79055,810
2013年105,2008,36017,5007,7408,3806,67056,550
2014年113,20012,10017,7008,7108,6007,21058,880
2015年115,40012,20016,90010,2008,6008,29059,210
2016年113,60014,10015,70010,8008,6008,14056,260
2017年112,10016,40014,50010,7008,3307,55054,620
2018年115,60020,00014,70011,7007,8607,31054,030
2019年114,90020,40014,30012,0008,2706,92053,010
表:日本の小松菜(こまつな)生産量の推移(単位:トン)

・日本の小松菜生産量は、増加傾向で推移しています。

・全国シェア現1位の茨城県の生産量が、年々増加しています。

・生産量上位の顔ぶれを見ればわかる通り、小松菜と言えば関東の野菜ですが、近年は福岡県の生産量も伸びてきています。


【参考資料について】
ランキング表やグラフ等(個別に出典または引用表記のあるものを除く)は、農林水産省・水産庁またはFAO(国際連合食糧農業機関)によるデータを再編集または一部加工し、食品データ館が作成したものです。

タイトルとURLをコピーしました