【都道府県】チンゲンサイの産地・生産量ランキング

スポンサーリンク

日本のチンゲンサイ生産量の概要

日本のチンゲンサイ生産量ランキングのアイキャッチ

チンゲンサイ(青梗菜)の生産量、日本一は茨城県です。

2位以降の順位とシェア・推移についても、表とグラフで掲載しています。
目次から任意の項目にジャンプすることもできます。

※なお、世界の類似ランキングのページもあります(チンゲンサイ菜単体ではなく、チンゲンサイを含むアブラナ属の野菜の合計生産量ランキングです)。
関連ページ:【世界】アブラナ属の野菜(キャベツ・白菜・チンゲンサイ等)の産地・生産量ランキング

スポンサーリンク

最新ランキングと国内シェア

※「最新」の意味について:農林水産省による主要な野菜・果物の統計の確報が公表されるのは「翌年の12月頃」です。そのため、2020年(令和2年)の生産量については、2021年12月頃の更新になります。

日本のチンゲンサイ生産量の割合グラフ2019年

・チンゲンサイ(青梗菜)生産量の日本一は茨城県で、全国シェアは28%です(2019年)。

・生産量1位の茨城県、2位の静岡県、3位愛知県の3県あわせて、国内生産量の約53%を生産しています。

順位都道府県生産量シェア(構成比)
全国41,100 (t)
1位茨城11,600 (t)28.2%
2位静岡7,520 (t)18.3%
3位愛知2,780 (t)6.8%
4位埼玉2,330 (t)5.7%
5位群馬1,840 (t)4.5%
6位長野1,820 (t)4.4%
7位千葉1,220 (t)3.0%
8位沖縄953 (t)2.3%
9位福岡876 (t)2.1%
10位北海道840 (t)2.0%
表:都道府県別のチンゲンサイ生産量と全国シェア(2019年)
※都道府県名のクリックで、各都道府県の特産物一覧ページを開きます。

1位:茨城県

茨城県のチンゲンサイ生産量についての詳細
茨城順位数値シェア(構成比)
生産量1位11,600 (t)28.2%
作付面積1位498 (ha)23.3%

・チンゲンサイの生産量(収穫量)1位の産地、茨城県の年間生産量は11,600 (t)で、全国シェアは28.2%です。

・作付面積は1位で、498 (ha)です。
⇒これは茨城県全体の約0.082%を占める広さに相当し、「茨城県の約1224分の1はチンゲンサイ畑」という計算になります。この「都道府県面積に対するチンゲンサイ作付面積の割合」は茨城県が1位です。

2位:静岡県

静岡県のチンゲンサイ生産量についての詳細
静岡順位数値シェア(構成比)
生産量2位7,520 (t)18.3%
作付面積2位312 (ha)14.6%

・チンゲンサイの生産量(収穫量)2位の産地、静岡県の年間生産量は7,520 (t)で、全国シェアは18.3%です。

・作付面積は2位で、312 (ha)です。
⇒これは静岡県全体の約0.040%を占める広さに相当し、「静岡県の約2493分の1はチンゲンサイ畑」という計算になります。

3位:愛知県

愛知県のチンゲンサイ生産量についての詳細
愛知順位数値シェア(構成比)
生産量3位2,780 (t)6.8%
作付面積4位133 (ha)6.2%

・チンゲンサイの生産量(収穫量)3位の産地、愛知県の年間生産量は2,780 (t)で、全国シェアは6.8%です。

・作付面積は4位で、133 (ha)です。
⇒これは愛知県全体の約0.026%を占める広さに相当し、「愛知県の約3890分の1はチンゲンサイ畑」という計算になります。

スポンサーリンク

国内生産量の推移

日本のチンゲンサイ生産量の推移グラフ2019年まで
年次全国茨城静岡愛知埼玉群馬その他
2006年48,60010,3007,4304,0302,7503,22020,870
2007年48,90010,5007,4504,0502,7903,30020,810
2008年50,30011,7007,4903,8902,8604,09020,270
2009年50,60012,2007,4603,8802,9304,01020,120
2010年48,40011,9007,7403,2502,9303,85018,730
2011年48,20011,8008,1003,5002,7303,75018,320
2012年48,40012,6008,0803,2002,7103,62018,190
2013年47,00012,7007,7903,1202,6303,47017,290
2014年44,80011,7007,8203,1402,6703,01016,460
2015年44,10011,3007,7003,1002,6203,26016,120
2016年44,10012,3007,3703,0802,5003,01015,840
2017年43,10011,7007,7402,9402,5302,70015,490
2018年42,00011,7007,4602,7502,5002,40015,190
2019年41,10011,6007,5202,7802,3301,84015,030
表:日本のチンゲンサイ生産量の推移(単位:トン)

・日本のチンゲンサイ生産量は、減少傾向にあります。

・ただし、生産量1位茨城県と2位静岡県に関しては減少しておらず、むしろやや増加しています。


【参考資料について】
ランキング表やグラフ等(個別に出典または引用表記のあるものを除く)は、農林水産省・水産庁またはFAO(国際連合食糧農業機関)によるデータを再編集または一部加工し、食品データ館が作成したものです。

タイトルとURLをコピーしました