コーラナッツの知識|産地情報や生産量・歴史について

スポンサーリンク

コーラナッツとは?

コーラナッツ(Kola nut)は、主に西アフリカの熱帯雨林で自生または栽培される、アオイ科コラ属の常緑樹コラノキの種子です。

その名のとおり、コーラナッツは「飲料のコーラ」と深い関係があります。

1880年代に、ジョージア州の薬剤師ジョン・ペンバートン氏が、コーラナッツから抽出したカフェイン等を使って発明した飲み物こそ、世界初のコーラ飲料と言われている、あのコカ・コーラです。

コカ・コーラのレシピは企業秘密として厳重に守られていることで有名ですが、現在では少なくともコーラナッツ抽出物は含んでおらず、その代わりとして人工的にそれを再現した香料が使用されているようです。

また、日本のスーパーやコンビニ等で一般に販売されるコーラ飲料にも、コーラナッツの抽出物は含まれていません。

現在では、本物のコーラナッツ抽出物を使ったコーラは希少な存在になっており、下のリンクのように、「コーラナッツを使用していること」それ自体が差別化されて売られています。


スポンサーリンク

コーラナッツの生産量と産地について

コーラナッツの産地は、アフリカの中でも西アフリカが主となっています。

コーラナッツ生産地域
世界のコーラナッツ生産量の割合グラフ2019年
順位国または地域生産量(t)シェア(構成比)
世界306,415
1位ナイジェリア161,13552.6%
2位コートジボワール60,06619.6%
3位カメルーン50,51816.5%
4位ガーナ25,3038.3%
5位シエラレオネ8,7732.9%
6位ベナン6200.2%
表:国別のコーラナッツ生産量と世界シェア(2019年)

FAO(国際連合食糧農業機関)による統計では、1位は世界シェア52.6%のナイジェリアで、コートジボワール、カメルーンと続いています(2019年)。
※ただし、特にアフリカの場合、集計に反映されない国や地域の生産も相当量あると考えられます。なお、種子が人の手によって持ち運ばれ、中南米のブラジルやジャマイカで栽培されている例も一部であるようです。

世界のコーラナッツ生産量の推移グラフ2019年まで
年次世界ナイジェリアコートジボワールカメルーンガーナシエラレオネその他
1961年191,500139,00037,0005,0005,0005,000500
1962年193,500141,00037,0005,0005,0005,000500
1963年197,500145,00037,0005,0005,0005,000500
1964年210,500158,00037,0005,0005,0005,000500
1965年206,606154,00037,0005,1065,0005,000500
1966年213,640157,00040,0006,1405,0005,000500
1967年227,500162,00040,0008,00012,0005,000500
1968年247,500167,00060,00010,0005,0005,000500
1969年253,829171,00060,00012,3295,0005,000500
1970年212,188125,00060,00015,6885,0005,0001,500
1971年217,778125,00060,00022,0265,0005,000752
1972年198,739125,00040,00022,9005,0005,000839
1973年205,009125,00045,00024,7005,0005,000309
1974年218,500125,00059,00024,0005,0005,000500
1975年220,500125,00059,00025,0005,0005,0001,500
1976年208,000127,00044,00025,5005,0006,000500
1977年216,000129,00048,00026,0005,0006,0002,000
1978年226,500131,00057,00027,0005,0006,000500
1979年227,000133,00055,00027,5005,0006,000500
1980年232,500135,00058,00028,0005,0006,000500
1981年238,100137,00061,00028,6005,0006,000500
1982年254,700140,00074,00029,2005,0006,000500
1983年256,900155,00060,00029,6005,0006,800500
1984年264,610170,00052,60030,1006,0005,400510
1985年270,300172,00055,00030,3007,0005,500500
1986年278,119174,00060,51931,0007,5004,600500
1987年275,898174,00057,29832,0008,0004,100500
1988年245,973145,00053,87333,00010,0003,600500
1989年235,822140,00047,72233,00011,0003,600500
1990年241,524135,00056,63633,60012,0003,700588
1991年266,784165,00051,60134,00011,9353,700548
1992年242,003138,10053,40734,44814,0001,500548
1993年255,284153,10047,63635,00015,0004,000548
1994年214,295105,00055,69335,11114,0003,943548
1995年198,03695,00048,59535,08114,6804,129551
1996年195,47785,00055,69335,20015,0004,031553
1997年213,80682,00075,02035,40016,4494,383554
1998年228,39984,65183,13735,60020,0004,456555
1999年217,60682,67475,02735,80018,8254,723557
2000年218,00382,00075,02036,00019,4255,000558
2001年219,00282,00075,02036,43919,4905,500553
2002年220,43285,00072,57136,81119,7005,800550
2003年206,13585,00057,63737,08419,8596,000555
2004年217,02988,00065,21637,00020,0556,200558
2005年223,14785,25073,79237,03120,1246,400550
2006年213,29085,50064,52436,00020,1976,500569
2007年231,347100,00065,61737,96020,5006,700570
2008年253,162120,00066,45039,09320,1996,800620
2009年296,037162,08066,72939,82419,8057,000599
2010年280,308144,95067,00940,59219,9297,231597
2011年278,231138,00066,70141,38524,0007,545600
2012年275,864135,00062,14646,50024,1497,469600
2013年269,180132,00058,16047,71123,0627,647600
2014年304,915167,68656,67249,19722,7418,016603
2015年319,695177,01163,22846,46224,0948,292608
2016年298,819156,58261,40447,69024,2558,276612
2017年301,565158,42760,85148,63324,6048,436614
2018年303,734159,56060,41749,57624,9538,611617
2019年306,415161,13560,06650,51825,3038,773620
表:世界のコーラナッツ生産量の推移(単位:トン)

コーラナッツの生産量は、増加傾向で推移しています。

カカオ豆(チョコレートの原料)との関係

コラノキは、同じく西アフリカが主産地でチョコレートの原料となる「カカオノキ」の幼樹を日射しから守る「日陰樹(シェイド・ツリー)」として、混植して栽培されるケースも少なくありません。

国または地域コーラナッツ生産量
の世界順位
カカオ豆生産量
の世界順位
ナイジェリア1位4位
コートジボワール2位1位
カメルーン3位6位
ガーナ4位2位
表:コーラナッツ生産量とカカオ豆生産量の関係(2019年)

上の表のとおり、コーラナッツカカオ豆では、生産量上位国の顔ぶれが似通っています。

※なお、カカオ豆生産量では3位インドネシア、5位エクアドル等、アフリカ以外の国もランクインしています。
【関連ページ】カカオ豆の産地・生産量ランキング【世界】

スポンサーリンク

コーラナッツの特徴や歴史について

コーラナッツは赤みがかった白色のナッツで、ガムのように噛んだり、粉末を煮出して飲んだりして利用されます。

コーラナッツは、イスラム教徒にとって唯一使用を許された刺激物として盛んに取引されてきた歴史があり、西アフリカの人々は、長い間それを興奮剤として噛んできました。現在でも眠気覚まし等のため日常的に用いられる他、婚礼や葬式等の儀式にも欠かせない存在となっています。

現地では、喉の渇きや空腹を抑える効果があると信じられており、これはコーラナッツがカフェインとテオブロミンを含むことによるものと考えられます。カフェインとテオブロミンは、お茶やコーヒー、チョコレートにも含まれる物質です。

ヨーロッパ人がコーラナッツを知ったのは、ポルトガルの船が西アフリカにある海岸(現在のシエラレオネの海岸)に到着した1500年代だと言われています。その後、1620年にイギリスの探検家リチャード・ジョブソンがガンビアでコーラナッツに出会い、19世紀後半にはコーラナッツはトン単位でヨーロッパと米国に出荷されるまでになりました。

そして、1880年代にジョージア州の薬剤師ジョン・ペンバートン氏が、コーラナッツから抽出したカフェイン等を使って発明した飲み物こそ、世界初のコーラ飲料と言われている、あのコカ・コーラです。
参考:BBC,The little-known nut that gave Coca-Cola its name

ナッツの食物アレルギーについて

日本では、クルミ・アーモンド・カシューナッツがアレルギー物質に指定されていますが、コーラナッツは指定されていません(2021年1月時点)。


ただし、ナッツアレルギーには交差反応があると言われています。

つまり、ある種類のナッツでアレルギー反応が認められる場合、他のナッツ類でもアレルギー反応が起きるリスクがあるということです。

木の実ではありませんが、「落花生(ピーナッツ)」もナッツ類と交差反応性を持つことが報告されています。

米国やEUにおいては、アレルギー物質として個々のナッツを指定するのではなく、「ツリーナッツ」「ナッツ類」といった分類で「包括的に指定」しているほどです。

ナッツアレルギーは、少量の摂取でも重篤な症状を発する場合があることでも知られています。

アレルギー患者の方、特に他のナッツにアレルギーを持つ方が初めてコーラナッツを食べようとする場合には、事前に医師の診断を仰ぐことを強く推奨いたします。

コーラナッツの入手方法

コーラナッツは、ごく一部の輸入食品専門店を除いて、実店舗で入手することは困難ですが、通販ではわずかに取り扱いがあります。形態としては、ホールタイプとパウダータイプがあるようです。

あとがき

コーラナッツは、アフリカ原産のナッツで、ガムのように噛んだり、粉末を煮出して飲んだりして利用されます。

世界初のコーラ飲料コカ・コーラは、もともとはコーラナッツから抽出したカフェイン等を使って発明された飲み物です。

現在では、本物のコーラナッツ抽出物を使ったコーラは希少な存在になっており、下のリンクのように、「コーラナッツを使用していること」それ自体が差別化されて販売されていますので、気になる方は試してみてください。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございました。

関連ページ:ナッツ(木の実)の種類一覧


【参考資料について】
ランキング表やグラフ等(個別に出典または引用表記のあるものを除く)は、農林水産省・水産庁またはFAO(国際連合食糧農業機関)によるデータを再編集または一部加工し、食品データ館が作成したものです。

タイトルとURLをコピーしました