【都道府県】パイナップルの産地・生産量ランキング

スポンサーリンク

日本のパイナップル生産量の概要

日本のパイナップル生産量ランキングのアイキャッチ

パイナップルの生産量、日本一は沖縄県です。

※なお、世界の生産量ランキングのページもあります。
関連ページ:【世界】パイナップルの産地・生産量ランキング

2位以降の順位とシェア・推移についても、表とグラフで掲載しています。
目次から任意の項目にジャンプすることもできます。

スポンサーリンク

最新ランキングと国内シェア

※「最新」の意味について:農林水産省による統計の確報が公表されるのは「年末から数えて、およそ2年後~2年半後」です(主要な果物に指定されていない特産果樹の場合)。そのため、2020年(令和2年)の生産量については、2023年以降の更新になると思われます。

日本のパイナップル生産量の割合グラフ2017年

※パイナップルに関しては、沖縄産県のみ主要な果樹に指定、他都道府県産は特産果樹の扱いとなっています。

・パイナップル生産量の日本一は沖縄県で、全国シェアは99.9%です(2017年)。


・生産量1位の沖縄県、2位の鹿児島県で、国内生産量のほとんどを生産しています。
(ただし、他の都道府県で全く生産が無いわけではなく、集計に反映されない小規模な生産は各地にあると考えられます。)

順位都道府県生産量シェア(構成比)
全国8,507.3 (t)
1位沖縄8,500.0 (t)99.9%
2位鹿児島7.3 (t)0.1%
表:都道府県別のパイナップル生産量と全国シェア(2017年)
※都道府県名のクリックで、各都道府県の特産物一覧ページを開きます。

1位:沖縄県

沖縄県のパイナップル生産量についての詳細
沖縄順位数値全国シェア
生産量1位8,500 (t)99.9%
結果樹面積1位317 (ha)99.6%

・国産パイナップルの生産量(収穫量)1位の産地、沖縄県の年間生産量は8,500 (t)で、全国シェアは99.9%です。

・結果樹面積は1位で、317 (ha)です。
⇒これは沖縄県全体の約0.139%を占める広さに相当し、「沖縄県の約720分の1はパイナップル園」という計算になります。

2位:鹿児島県

鹿児島県のパイナップル生産量についての詳細
鹿児島順位数値全国シェア
生産量2位7.3 (t)0.1%
結果樹面積2位1.2 (ha)0.4%

・国産パイナップルの生産量(収穫量)2位の産地、鹿児島県の年間生産量は7.3 (t)で、全国シェアは0.1%です。

・結果樹面積は2位で、1.2 (ha)です。

・県内の主要産地は「奄美市、徳之島町、天城町」等です。

スポンサーリンク

国内生産量の推移

日本のパイナップル生産量の推移グラフ2017年まで
年次全国沖縄鹿児島
2003年10,84110,80041
2004年11,54111,50041
2005年10,44110,40041
2006年10,73410,70034
2007年10,43210,40032
2008年9,9289,91018
2009年9,6359,62015
2010年8,7978,78017
2011年6,3686,35018
2012年6,2706,26010
2013年6,6006,59010
2014年7,1407,13010
2015年7,6667,6606
2016年7,7767,7706
2017年8,5078,5007
表:日本のパイナップル生産量の推移(単位:トン)

【参考資料について】
ランキング表やグラフ等(個別に出典または引用表記のあるものを除く)は、農林水産省・水産庁またはFAO(国際連合食糧農業機関)によるデータを再編集または一部加工し、食品データ館が作成したものです。

タイトルとURLをコピーしました