【都道府県】さくらんぼの産地・生産量ランキング

スポンサーリンク

日本のさくらんぼ生産量の概要

日本のさくらんぼ生産量ランキングのアイキャッチ

サクランボ(桜桃)の生産量、日本一は山形県です。

2位以降の順位とシェア・推移についても、表とグラフで掲載しています。
目次から任意の項目にジャンプすることもできます。

※なお、世界の生産量ランキングのページもあります。
関連ページ:【世界】さくらんぼの産地・生産量ランキング

※また、品種別の栽培面積ランキングのページもあります。
関連ページ:【品種別】サクランボの栽培面積ランキング/シェア

スポンサーリンク

最新ランキングと国内シェア

※「最新」の意味について:農林水産省による主要な野菜・果物の統計の確報が公表されるのは「翌年の12月頃」です。そのため、2020年(令和2年)の生産量については、2021年12月頃の更新になります。

日本のサクランボ(桜桃)生産量の割合グラフ2019年

・「さくらんぼ」は、正式には「桜桃(おうとう)」と⾔います。国や県の資料では、基本的に「桜桃」で表記されています。

・⽇本の春の⾵物詩、花⾒で⾒る桜の⽊と祖先は同じものです。野⽣の「さくら」の中から美味しい果実がなるものを選んで品種改良したものが「おうとう」で、反対に花がきれいに咲くものを選んで改良したのが観賞⽤の「さくら」です。

・前者は「佐藤錦」、後者は「ソメイヨシノ」などが有名です。

・サクランボ(桜桃)生産量の日本一は山形県で、全国シェアは73.9%です(2019年)。

順位都道府県生産量シェア(構成比)
全国16,100 (t)
1位山形11,900 (t)73.9%
2位北海道1,490 (t)9.3%
3位山梨1,010 (t)6.3%
4位秋田399 (t)2.5%
表:都道府県別のサクランボ(桜桃)生産量と全国シェア(2019年)
※都道府県名のクリックで、各都道府県の特産物一覧ページを開きます。

1位:山形県

山形県のサクランボ生産量についての詳細
山形順位数値全国シェア
生産量1位11,900 (t)73.9%
結果樹面積1位2,840 (ha)65.7%

・国産サクランボの生産量(収穫量)1位の産地、山形県の年間生産量は11,900 (t)で、全国シェアは73.9%です。

・結果樹面積は1位で、2,840 (ha)です。
⇒これは山形県全体の約0.305%を占める広さに相当し、「山形県の約328分の1はサクランボ園」という計算になります。この「都道府県面積に対するサクランボ結果樹面積の割合」も山形県が1位です。

・現在⽇本で最も栽培されている品種「佐藤錦」は⼭形県の佐藤栄助⽒(1867〜1950)が開発したものです。

・2020年に品種登録されたばかりの⼭形県オリジナル品種「やまがた紅王」(商標名︓やまがた紅王、品種名称︓⼭形C12号)では、⼭形県の果樹では初めてとなる「⽣産者登録制度」を導⼊しブランド化を推進しています。

2位:北海道

北海道のサクランボ生産量についての詳細
北海道順位数値全国シェア
生産量2位1,490 (t)9.3%
結果樹面積2位495 (ha)11.5%

・国産サクランボの生産量(収穫量)2位の産地、北海道の年間生産量は1,490 (t)で、全国シェアは9.3%です。

・結果樹面積は2位で、495 (ha)です。
⇒これは北海道全体の約0.067%を占める広さに相当し、「北海道の約1493分の1はサクランボ園」という計算になります。

・定番の「佐藤錦」のほか、明治時代に北海道の⼩樽市で発⾒された「北光」という品種も栽培されています。「北光」には「⽔⾨」という別名があり、道内では⽔⾨のほうの名前で呼ばれることが多いようです。

3位:山梨県

山梨県のサクランボ生産量についての詳細
山梨順位数値全国シェア
生産量3位1,010 (t)6.3%
結果樹面積3位299 (ha)6.9%

・国産サクランボの生産量(収穫量)3位の産地、山梨県の年間生産量は1,010 (t)で、全国シェアは6.3%です。

・結果樹面積は3位で、299 (ha)です。
⇒これは山梨県全体の約0.008%を占める広さに相当し、「山梨県の約13224分の1はサクランボ園」という計算になります。

・定番の「佐藤錦」のほか、2015年に品種登録されたばかりの⼭梨県オリジナル品種「甲斐ルビー」(商標名︓甲斐ルビー、品種名称︓甲斐オウ果6)の栽培も始まっています。

スポンサーリンク

国内生産量の推移

日本のサクランボ(桜桃)生産量の推移グラフ2019年まで
年次全国山形北海道山梨秋田その他
2002年21,20015,5001,5804,120
2003年19,30014,0005,300
2004年16,40010,8001,2901,5402192,551
2005年19,10013,2005,900
2006年20,80014,9001,3504,550
2007年16,60011,1001,5004,000
2008年17,00012,0001,2703,730
2009年16,60012,0001,6509993491,602
2010年19,70014,3001,2604,140
2011年20,40015,6001,2303,570
2012年17,80013,2001,5403,060
2013年18,10013,5001,4103,190
2014年19,00014,5001,4301,1903641,516
2015年18,10013,2001,9502,950
2016年19,80015,0001,5503,250
2017年19,10014,5001,5201,1701,910
2018年18,10014,2009231,0804131,484
2019年16,10011,9001,4901,0103991,301
表:日本のサクランボ(桜桃)生産量の推移(単位:トン)

・日本のサクランボの生産量は、ほぼ横ばいですが、わずかながら減少傾向にあります。


【参考資料について】
ランキング表やグラフ等(個別に出典または引用表記のあるものを除く)は、農林水産省・水産庁またはFAO(国際連合食糧農業機関)によるデータを再編集または一部加工し、食品データ館が作成したものです。

タイトルとURLをコピーしました