【品種別】リンゴの栽培面積ランキング/シェア

スポンサーリンク

日本のリンゴ栽培面積の概要

日本の品種別リンゴ栽培面積ランキングのアイキャッチ

リンゴの栽培面積、日本一の品種は「ふじ」です。

2位以降の順位とシェア・推移についても、表とグラフで掲載しています。
目次から任意の項目にジャンプすることもできます。

スポンサーリンク

品種別ランキングとシェア

国産リンゴ栽培面積の品種別シェアの割合グラフ(2017年)

・リンゴ栽培面積日本一の品種は「ふじ」で、そのシェアは46.61%です(2017年)。

・シェア1位のふじ、2位のつがる、3位王林の3品種あわせて、リンゴ栽培面積の約65.0%を占めています。

順位品種名栽培面積シェア
(合計)38,100.0(ha)
1位ふじ17,758.2(ha)46.61%
2位つがる4,374.7(ha)11.48%
3位王林2,613.7(ha)6.86%
4位ジョナゴールド2,428.7(ha)6.37%
5位シナノスイート1,096.3(ha)2.88%
6位シナノゴールド786.1(ha)2.06%
7位北斗555.9(ha)1.46%
8位弘前ふじ522.1(ha)1.37%
9位陸奥457.9(ha)1.20%
10位秋映453.3(ha)1.19%
11位紅玉428.4(ha)1.12%
12位昂林413.4(ha)1.09%
13位トキ376.5(ha)0.99%
14位きおう302.0(ha)0.79%
15位ぐんま名月204.3(ha)0.54%
16位やたか181.8(ha)0.48%
17位金星175.7(ha)0.46%
18位ラクラクフジ174.5(ha)0.46%
19位2001年162.2(ha)0.43%
20位陽光159.2(ha)0.42%
21位千秋139.0(ha)0.36%
22位世界一116.1(ha)0.30%
23位さんさ106.7(ha)0.28%
24位デリシャス系105.9(ha)0.28%
25位三島ふじ93.9(ha)0.25%
26位未希ライフ90.1(ha)0.24%
27位秋陽67.8(ha)0.18%
28位シナノドルチェ57.2(ha)0.15%
29位秋田紅あかり50.7(ha)0.13%
30位極ふじ48.3(ha)0.13%
(上記以外)3,599.4(ha)9.45%
表:リンゴの品種別栽培面積とシェア(2017年)
スポンサーリンク

栽培面積の推移(主要品種別)

国産リンゴ栽培面積の年次推移グラフ
年次(合計)ふじつがる王林ジョナゴールドシナノスイートその他の品種
2002年4500022683.76003.24136.43643.8139.78393.2
2003年4410022647.15969.74205.13759.22457273.9
2004年4370022102.65924.33970.43635.3304.27763.2
2005年4320021607.459753863.33462.2380.87911.3
2006年4260021479.25841.93664.23346.9427.97839.9
2007年4210021087.95724.13601.53294.9509.37882.3
2008年4170020967.25421.63478.33154.8587.88090.3
2009年4110020936.45504.83355.32981.6678.87643.1
2010年4050020705.25325.93281.72920.2737.17529.9
2011年4010020321.55121.63122.12766.5849.17919.2
2012年3970019739.85001.62983.62661.7928.48384.9
2013年3920019585.34860.42926.425701001.58256.4
2014年3890019562.74739.528542533.91058.28151.7
2015年3860019008.64515276825081048.88751.6
2016年3830018788.84449.52720.32473.61074.68793.2
2017年3810017758.24374.72613.72428.71096.39828.4
表:国産リンゴ主要品種の栽培面積推移(単位:トン)

・日本のリンゴ栽培面積は、ゆるやかに減少しています。

・シェア5位の「シナノスイート」については、栽培面積が拡大傾向にあります。

主要品種の産地ランキング(都道府県)

リンゴの産地 ※品種合計

順位都道府県栽培面積シェア
全国38,100.0(ha)
1位青森20,700.0(ha)54.33%
2位長野7,700.0(ha)20.21%
3位岩手2,490.0(ha)6.54%
4位山形2,300.0(ha)6.04%
5位秋田1,390.0(ha)3.65%
6位福島1,280.0(ha)3.36%
7位北海道580.0(ha)1.52%
8位群馬429.0(ha)1.13%
9位宮城210.0(ha)0.55%
10位富山110.0(ha)0.29%
表:都道府県別のリンゴ(品種合計)栽培面積と全国シェア(2017年)

・リンゴ(品種合計)の栽培面積日本一は青森県で、全国シェアは54.33%です(2017年)。

※なお、品種合計の「生産量」ランキングのページもあります。
関連ページ:【都道府県】リンゴの産地・生産量ランキング

ふじの産地

順位都道府県栽培面積シェア
全国17,758.2(ha)
1位青森9,752.8(ha)54.92%
2位長野3,287.6(ha)18.51%
3位山形1,213.0(ha)6.83%
4位岩手1,183.4(ha)6.66%
5位福島810.3(ha)4.56%
6位秋田793.8(ha)4.47%
7位宮城180.0(ha)1.01%
8位群馬125.3(ha)0.71%
9位富山64.7(ha)0.36%
10位北海道52.6(ha)0.30%
表:都道府県別のふじ栽培面積と全国シェア(2017年)

・ふじの栽培面積日本一は青森県で、全国シェアは54.92%です(2017年)。

つがるの産地

順位都道府県栽培面積シェア
全国4,374.7(ha)
1位青森2,354.9(ha)53.83%
2位長野1,271.0(ha)29.05%
3位山形247.2(ha)5.65%
4位岩手223.4(ha)5.11%
5位北海道98.2(ha)2.24%
6位福島44.5(ha)1.02%
7位秋田38.7(ha)0.88%
8位宮城20.9(ha)0.48%
9位山梨19.6(ha)0.45%
10位群馬19.1(ha)0.44%
表:都道府県別のつがる栽培面積と全国シェア(2017年)

・つがるの栽培面積日本一は青森県で、全国シェアは53.83%です(2017年)。

王林の産地

順位都道府県栽培面積シェア
全国2,613.7(ha)
1位青森2,162.1(ha)82.72%
2位山形111.7(ha)4.27%
3位岩手108.2(ha)4.14%
4位秋田97.4(ha)3.73%
5位長野59.3(ha)2.27%
6位福島24.0(ha)0.92%
7位北海道19.8(ha)0.76%
8位宮城10.4(ha)0.40%
9位栃木4.1(ha)0.16%
10位岐阜3.7(ha)0.14%
表:都道府県別の王林栽培面積と全国シェア(2017年)

・王林の栽培面積日本一は青森県で、全国シェアは82.72%です(2017年)。

ジョナゴールドの産地

順位都道府県栽培面積シェア
全国2,428.7(ha)
1位青森1,962.6(ha)80.81%
2位岩手384.5(ha)15.83%
3位福島19.2(ha)0.79%
4位山形15.5(ha)0.64%
5位長野11.8(ha)0.49%
6位宮城8.8(ha)0.36%
7位北海道8.5(ha)0.35%
8位岐阜4.8(ha)0.20%
9位秋田4.3(ha)0.18%
10位栃木3.4(ha)0.14%
表:都道府県別のジョナゴールド栽培面積と全国シェア(2017年)

・ジョナゴールドの栽培面積日本一は青森県で、全国シェアは80.81%です(2017年)。

シナノスイートの産地

順位都道府県栽培面積シェア
全国1,096.3(ha)
1位長野673.7(ha)61.45%
2位青森191.7(ha)17.49%
3位秋田76.9(ha)7.01%
4位山形70.4(ha)6.42%
5位福島25.6(ha)2.34%
6位岩手22.1(ha)2.02%
7位北海道12.2(ha)1.11%
8位群馬3.5(ha)0.32%
9位栃木3.1(ha)0.28%
9位茨城3.1(ha)0.28%
表:都道府県別のシナノスイート栽培面積と全国シェア(2017年)

・シナノスイートの栽培面積日本一は長野県で、全国シェアは61.45%です(2017年)。


【参考資料について】
ランキング表やグラフ等(個別に出典または引用表記のあるものを除く)は、農林水産省・水産庁またはFAO(国際連合食糧農業機関)によるデータを再編集または一部加工し、食品データ館が作成したものです。

タイトルとURLをコピーしました