【都道府県】ワケギ(分葱)の産地・生産量ランキング

スポンサーリンク

日本のワケギ(分葱)生産量の概要

日本のワケギ(分葱)生産量ランキングのアイキャッチ

わけぎの生産量、日本一は広島県です。

2位以降の順位とシェア・推移についても、表とグラフで掲載しています。
目次から任意の項目にジャンプすることもできます。

スポンサーリンク

最新ランキングと国内シェア

※「最新」の意味について:農林水産省による調査は「偶数年のみ」で、かつ統計の確報が公表される時期は「年末から数えて、およそ1年半後~2年半後」です(主要な野菜に指定されていない地域特産野菜の場合)。そのため、2019年の調査はなく、2020年(令和2年)の生産量については2022年以降の更新になると思われます。

日本のわけぎ生産量の割合グラフ2018年

・わけぎ生産量の日本一は広島県で、全国シェアは53.1%です(2018年)。

・生産量1位の広島県、2位の群馬県、3位福岡県の3県あわせて、国内生産量の約72%を生産しています。

順位都道府県生産量全国シェア主要産地名(市町村名)
全国827 (t)
1位広島439 (t)53.1%尾道市、三原市、江田島市、世羅町
2位群馬90 (t)10.9%甘楽町
3位福岡65 (t)7.9%北九州市、川崎町、鞍手町
4位大阪58 (t)7.0%岸和田市、堺市(10)、泉佐野市(10)
5位神奈川50 (t)6.0%横浜市、藤沢市、横須賀市・葉山町
6位愛知48 (t)5.8%愛西市、稲沢市、津島市
7位兵庫16 (t)1.9%神戸市
7位沖縄16 (t)1.9%糸満市、豊見城市、うるま市
9位鹿児島12 (t)1.5%鹿児島市
10位愛媛10 (t)1.2%新居浜市
表:都道府県別のわけぎ生産量と全国シェア(2018年)
※都道府県名のクリックで、各都道府県の特産物一覧ページを開きます。

1位:広島県

広島県のわけぎ生産量についての詳細
広島順位数値全国シェア
生産量1位439 (t)53.1%
作付面積1位33.0 (ha)55.0%

・国産わけぎの生産量(収穫量)1位の産地、広島県の年間生産量は439 (t)で、全国シェアは53.1%です。

・作付面積は1位で、33.0 (ha)です。

・県内の主要産地は「尾道市、三原市、江田島市、世羅町」等です。

2位:群馬県

群馬県のわけぎ生産量についての詳細
群馬順位数値全国シェア
生産量2位90 (t)10.9%
作付面積4位3.0 (ha)5.0%

・国産わけぎの生産量(収穫量)2位の産地、群馬県の年間生産量は90 (t)で、全国シェアは10.9%です。

・作付面積は4位で、3.0 (ha)です。

・県内の主要産地は「甘楽町」等です。

3位:福岡県

福岡県のわけぎ生産量についての詳細
福岡順位数値全国シェア
生産量3位65 (t)7.9%
作付面積2位6.0 (ha)10.0%

・国産わけぎの生産量(収穫量)3位の産地、福岡県の年間生産量は65 (t)で、全国シェアは7.9%です。

・作付面積は2位で、6.0 (ha)です。

・県内の主要産地は「北九州市、川崎町、鞍手町」等です。

スポンサーリンク

国内生産量の推移

日本のわけぎ生産量の推移グラフ2018年まで
年次全国広島群馬福岡大阪神奈川その他
2000年5,3502,550731302032,457
2002年4,2892,124051752031,782
2004年4,0342,4042601752201,172
2006年3,7132,1210571191731,243
2008年2,6451,428011425137941
2010年1,96995501592857770
2012年1,39587701203257309
2014年1,215740271573045216
2016年80445160586244129
2018年82743990655850125
表:日本のわけぎ生産量の推移(単位:トン)

・日本のわけぎ生産量は、減少傾向で推移しています。


【参考資料について】
ランキング表やグラフ等(個別に出典または引用表記のあるものを除く)は、農林水産省・水産庁またはFAO(国際連合食糧農業機関)によるデータを再編集または一部加工し、食品データ館が作成したものです。

タイトルとURLをコピーしました