【都道府県】カボチャの産地・生産量ランキング

スポンサーリンク

日本のカボチャ生産量の概要

日本のかぼちゃ生産量ランキングのアイキャッチ

カボチャ(南瓜)の生産量、日本一は北海道です。

2位以降の順位とシェア・推移についても、表とグラフで掲載しています。
目次から任意の項目にジャンプすることもできます。

※なお、日本の生産量ランキングのページもあります。
関連ページ:【世界】カボチャの産地・生産量ランキング

スポンサーリンク

最新ランキングと国内シェア

※「最新」の意味について:農林水産省による主要な野菜・果物の統計の確報が公表されるのは「翌年の12月頃」です。そのため、2020年(令和2年)の生産量については、2021年12月頃の更新になります。

日本のカボチャ(南瓜)生産量の割合グラフ2019年

・カボチャ(南瓜)生産量の日本一は北海道で、全国シェアは47.3%です(2019年)。

・生産量1位の北海道、2位の鹿児島県、3位茨城県の3道県あわせて、国内生産量の約55%を生産しています。

順位都道府県生産量シェア(構成比)
全国185,600 (t)
1位北海道87,800 (t)47.3%
2位鹿児島8,090 (t)4.4%
3位茨城6,780 (t)3.7%
4位長野6,450 (t)3.5%
5位長崎5,520 (t)3.0%
6位宮崎4,540 (t)2.4%
7位神奈川4,340 (t)2.3%
8位千葉3,790 (t)2.0%
9位沖縄3,560 (t)1.9%
10位秋田3,020 (t)1.6%
表:都道府県別のカボチャ(南瓜)生産量と全国シェア(2019年)
※都道府県名のクリックで、各都道府県の特産物一覧ページを開きます。

1位:北海道

北海道のカボチャ生産量についての詳細
北海道順位数値シェア(構成比)
生産量1位87,800 (t)47.3%
作付面積1位7,260 (ha)47.5%

・国産カボチャの生産量(収穫量)1位の産地、北海道の年間生産量は87,800 (t)で、全国シェアは47.3%です。

・作付面積は1位で、7,260 (ha)です。
⇒これは北海道全体の約0.087%を占める広さに相当し、「北海道の約1149分の1はカボチャ畑」という計算になります。

2位:鹿児島県

鹿児島県のカボチャ生産量についての詳細
鹿児島順位数値シェア(構成比)
生産量2位8,090 (t)4.4%
作付面積2位680 (ha)4.4%

・国産カボチャの生産量(収穫量)2位の産地、鹿児島県の年間生産量は8,090 (t)で、全国シェアは4.4%です。

・作付面積は2位で、680 (ha)です。
⇒これは鹿児島県全体の約0.074%を占める広さに相当し、「鹿児島県の約1351分の1はカボチャ畑」という計算になります。

3位:茨城県

茨城県のカボチャ生産量についての詳細
茨城順位数値シェア(構成比)
生産量3位6,780 (t)3.7%
作付面積5位443 (ha)2.9%

・国産カボチャの生産量(収穫量)3位の産地、茨城県の年間生産量は6,780 (t)で、全国シェアは3.7%です。

・作付面積は5位で、443 (ha)です。
⇒これは茨城県全体の約0.073%を占める広さに相当し、「茨城県の約1376分の1はカボチャ畑」という計算になります。

・茨城県のカボチャに関しては、「那珂かぼちゃ」が地域団体商標(地域ブランドのようなもの)として登録されています。

スポンサーリンク

国内生産量の推移

日本のカボチャ(南瓜)生産量の推移グラフ2019年まで
年次全国北海道鹿児島茨城長野長崎その他
2006年220,400103,70014,00010,6006,32085,780
2007年228,000106,90014,30010,6004,2908,47083,440
2008年242,800120,90014,80010,2007,99088,910
2009年214,10095,90015,6009,7708,69084,140
2010年220,500106,10013,90010,3004,6108,11077,480
2011年209,200100,60013,1009,8506,76078,890
2012年227,100113,30012,8009,4208,16083,420
2013年211,800105,70010,8008,4005,5107,13074,260
2014年200,00096,60010,1008,4607,46077,380
2015年202,400100,7009,7508,5705,8405,82071,720
2016年185,30082,9009,1308,0906,4304,95073,800
2017年201,30097,6008,8007,8906,1704,62076,220
2018年159,30065,5008,5107,9606,4804,08066,770
2019年185,60087,8008,0906,7806,4505,52070,960
表:日本のカボチャ(南瓜)生産量の推移(単位:トン)

・日本のカボチャ生産量は、やや減少傾向にあります。


【参考資料について】
ランキング表やグラフ等(個別に出典または引用表記のあるものを除く)は、農林水産省・水産庁またはFAO(国際連合食糧農業機関)によるデータを再編集または一部加工し、食品データ館が作成したものです。

タイトルとURLをコピーしました