【都道府県】クルマエビ(養殖)の産地・生産量ランキング

スポンサーリンク

日本のクルマエビ養殖生産量の概要

日本のクルマエビ養殖生産量ランキングのアイキャッチ

クルマエビの養殖生産量、日本一は沖縄県です。

2位以降の順位とシェア・推移についても、表とグラフで掲載しています。
目次から任意の項目にジャンプすることもできます。

※養殖生産量は農林水産省の統計データの数値をもとにしていますが、相対的に生産量が少なく調査対象外であったり、都道府県によってはデータが非公表であったりする場合があります。
※全国順位や全国シェアは当サイトで算出したものですが、上記の非公開データ等を含まない順位およびシェアですので、ご留意ください。

スポンサーリンク

最新ランキングと国内シェア

※「最新」の意味について:農林水産省による養殖生産量調査の確報が公表される時期は「年末から数えて、およそ12~13ヶ月後」です。そのため、2020年(令和2年)の生産量については、2021年12月以降の更新になると思われます。

日本のクルマエビ養殖生産量の割合グラフ2019年

・クルマエビ養殖生産量の日本一は沖縄県で、全国シェアは33.3%です(2019年)。

・養殖生産量1位の沖縄県、2位の鹿児島県、3位熊本県の3県あわせて、国内生産量の約72%を生産しています。

順位都道府県生産量全国シェア主要産地名(市町村名)
全国計1,458 (t)100%
1位沖縄485 (t)33.3%久米島町
2位鹿児島308 (t)21.1%奄美市
3位熊本259 (t)17.8%上天草市
4位山口96 (t)6.6%山口市
5位長崎92 (t)6.3%
表:都道府県別のクルマエビ養殖生産量と全国シェア(2019年)
※都道府県名のクリックで、各都道府県の特産物一覧ページを開きます。
スポンサーリンク

養殖生産量の推移

日本のクルマエビ養殖生産量の推移グラフ2019年まで
年次全国計沖縄鹿児島熊本山口長崎その他
2008年1,5865134722806084177
2009年1,6575734682837992162
2010年1,63460845327711673107
2011年1,5985624122839057194
2012年1,596545395302970257
2013年1,596560381281980276
2014年1,582570406302610243
2015年1,314397353255760233
2016年1,381447356263770238
2017年1,3545233062416176147
2018年1,4785493242535695201
2019年1,4584853082599692218
表:日本のクルマエビ養殖生産量の推移(単位:トン)

・国産クルマエビの養殖生産量は、おおむね横ばいで推移しています。


【参考資料について】
ランキング表やグラフ等(個別に出典または引用表記のあるものを除く)は、農林水産省・水産庁またはFAO(国際連合食糧農業機関)によるデータを再編集または一部加工し、食品データ館が作成したものです。

タイトルとURLをコピーしました