【都道府県】ホタテ(帆立)の産地・漁獲量ランキング

スポンサーリンク

日本のホタテ(帆立)漁獲量の概要

日本のホタテ(帆立)漁獲量ランキングのアイキャッチ

ホタテ(帆立)の漁獲量、日本一は北海道です。

2位以降の順位とシェア・推移についても、表とグラフで掲載しています。
目次から任意の項目にジャンプすることもできます。

スポンサーリンク

最新ランキングと国内シェア

※「最新」の意味について:農林水産省による漁獲量調査の確報が公表される時期は「年末から数えて、およそ12~13ヶ月後」です。そのため、2020年(令和2年)の漁獲量については、2021年12月以降の更新になると思われます。
※漁獲量のランキングやシェアです。養殖の生産量は含みません。

日本のホタテ(帆立)漁獲量の割合グラフ2019年

・ホタテ(帆立)漁獲量の日本一は北海道で、全国シェアは99.8%です(2019年)。

・漁獲量1位の北海道、2位の青森県で、国内漁獲量のほとんどを漁獲しています。
※ただし、集計に反映されない小規模な漁獲は各地であると考えられます。

順位都道府県漁獲量全国シェア主要産地名(市町村名)
全国計339,435 (t)100%
1位北海道338,618 (t)99.8%稚内市、猿払村、枝幸町
2位青森817 (t)0.2%野辺地町、むつ市、東通村
表:都道府県別のホタテ(帆立)漁獲量と全国シェア(2019年)
※都道府県名のクリックで、各都道府県の特産物一覧ページを開きます。

1位:北海道

北海道のホタテ漁獲量についての詳細
北海道順位数値全国シェア
漁獲量1位338,618 (t)99.8%
産出額1位552.8 億円99.4%

・国産ホタテの漁獲量(≒水揚げ量)1位の産地、北海道の年間漁獲量は338,618 (t)で、全国シェアは99.8%です。

・産出額は1位で、552.8 億円です。 ※産出額は前年参考値を記載しています。

・道内の主要産地は「稚内市、猿払村、枝幸町」等です。

2位:青森県

青森県のホタテ漁獲量についての詳細
青森順位数値全国シェア
漁獲量2位817 (t)0.2%
産出額2位3.2 億円0.6%

・国産ホタテの漁獲量(≒水揚げ量)2位の産地、青森県の年間漁獲量は817 (t)で、全国シェアは0.2%です。

・産出額は2位で、3.2 億円です。 ※産出額は前年参考値を記載しています。

・青森県内の主要産地は「野辺地町、むつ市、東通村」等です。

スポンサーリンク

漁獲量の推移

日本のホタテ(帆立)漁獲量の推移グラフ2019年まで
年次全国計北海道青森その他
2008年310,205308,2811,9240
2009年319,638318,0711,5661
2010年327,087326,1489381
2011年302,990302,6653250
2012年315,387315,1652211
2013年347,541346,4241,1180
2014年358,982357,7181,2631
2015年233,885232,0801,8050
2016年213,710211,8711,8390
2017年235,952233,9931,9590
2018年304,767303,5731,1940
2019年339,435338,6188170
表:日本のホタテ(帆立)漁獲量の推移(単位:トン)

・日本の帆立貝の漁獲量は、年ごとのバラつきはあるものの、おおむね横ばいで推移しています。


【参考資料について】
ランキング表やグラフ等(個別に出典または引用表記のあるものを除く)は、農林水産省・水産庁またはFAO(国際連合食糧農業機関)によるデータを再編集または一部加工し、食品データ館が作成したものです。

タイトルとURLをコピーしました