【都道府県】ウグイ・オイカワの産地・漁獲量ランキング

スポンサーリンク

日本のウグイ・オイカワ漁獲量の概要

日本のウグイ・オイカワ漁獲量ランキングのアイキャッチ

ウグイ・オイカワの漁獲量、日本一は青森県です。

2位以降の順位とシェア・推移についても、表とグラフで掲載しています。
目次から任意の項目にジャンプすることもできます。

※内水面(河川や湖など)の漁獲量は農林水産省の統計データの数値をもとにしていますが、相対的に漁獲量が少なく調査対象外であったり、都道府県によってはデータが非公表であったりする場合があります。
※全国順位や全国シェアは当サイトで算出したものですが、上記の非公開データ等を含まない順位およびシェアですので、ご留意ください。

スポンサーリンク

最新ランキングと国内シェア

※「最新」の意味について:農林水産省による漁獲量調査の確報が公表される時期は「年末から数えて、およそ12~13ヶ月後」です。そのため、2020年(令和2年)の漁獲量については、2021年12月以降の更新になると思われます。
※漁獲量のランキングやシェアです。養殖の分は含んでいません。

日本のウグイ・オイカワ漁獲量の割合グラフ2019年

・ウグイ・オイカワ漁獲量の日本一は青森県で、全国シェアは57.7%です(2019年)。

・漁獲量1位の青森県、2位の神奈川県、3位熊本県の3県あわせて、国内漁獲量の約78%を漁獲しています。

順位都道府県漁獲量全国シェア
全国計163 (t)100%
1位青森94 (t)57.7%
2位神奈川19 (t)11.7%
3位熊本14 (t)8.6%
4位福岡5 (t)3.1%
5位大分5 (t)3.1%
6位新潟4 (t)2.5%
7位岡山3 (t)1.8%
8位山形2 (t)1.2%
9位栃木2 (t)1.2%
10位長野2 (t)1.2%
表:都道府県別のウグイ・オイカワ漁獲量と全国シェア(2019年)
※都道府県名のクリックで、各都道府県の特産物一覧ページを開きます。
スポンサーリンク

養殖生産量の推移

日本のウグイ・オイカワ漁獲量の推移グラフ2019年まで
年次全国計青森神奈川熊本福岡大分その他
2008年649209121596120197
2009年640226281596126149
2010年655247241596128145
2011年655281231597114125
2012年62631023138285113
2013年4672762313459101
2014年4683302313151869
2015年48638921149449
2016年46637221139546
2017年34726021146442
2018年18410420175929
2019年1639419145526
表:日本のウグイ・オイカワ漁獲量の推移(単位:トン)

・国産ウグイ・オイカワの漁獲量は、減少傾向で推移しています。


【参考資料について】
ランキング表やグラフ等(個別に出典または引用表記のあるものを除く)は、農林水産省・水産庁またはFAO(国際連合食糧農業機関)によるデータを再編集または一部加工し、食品データ館が作成したものです。

タイトルとURLをコピーしました