【都道府県】パプリカの産地・生産量ランキング

スポンサーリンク

日本のパプリカ生産量の概要

日本のパプリカ生産量ランキングのアイキャッチ

パプリカの生産量、日本一は宮城県です。

2位以降の順位とシェア・推移についても、表とグラフで掲載しています。
目次から任意の項目にジャンプすることもできます。

スポンサーリンク

最新ランキングと国内シェア

※「最新」の意味について:農林水産省による調査は「偶数年のみ」で、かつ統計の確報が公表される時期は「年末から数えて、およそ1年半後~2年半後」です(主要な野菜に指定されていない地域特産野菜の場合)。そのため、2019年の調査はなく、2020年(令和2年)の生産量については2022年以降の更新になると思われます。

日本のパプリカ生産量の割合グラフ2018年

・パプリカ生産量の日本一は宮城県で、全国シェアは22.5%です(2018年)。

・生産量1位の宮城県、2位の茨城県、3位北海道の3道県あわせて、国内生産量の約54%を生産しています。

順位都道府県生産量全国シェア主要産地名(市町村名)
全国6,397 (t)
1位宮城1,441 (t)22.5%栗原市、石巻市、山元町
2位茨城1,280 (t)20.0%鉾田市、美浦村、水戸市
3位北海道764 (t)11.9%仁木町、赤井川村
4位大分734 (t)11.5%九重町、由布市、臼杵市
5位長野357 (t)5.6%飯田市、松本市、高森町
6位静岡331 (t)5.2%磐田市、牧之原市
7位熊本302 (t)4.7%熊本市、山鹿市、菊陽町
8位山形259 (t)4.0%遊佐町、酒田市、戸沢村
9位福島140 (t)2.2%相馬市、二本松市、塙町
10位群馬127 (t)2.0%沼田市、渋川市、みなかみ町
表:都道府県別のパプリカ生産量と全国シェア(2018年)
※都道府県名のクリックで、各都道府県の特産物一覧ページを開きます。

1位:宮城県

宮城県のパプリカ生産量についての詳細
宮城順位数値全国シェア
生産量1位1,441 (t)22.5%
作付面積2位10.0 (ha)11.8%

・国産パプリカの生産量(収穫量)1位の産地、宮城県の年間生産量は1,441 (t)で、全国シェアは22.5%です。

・作付面積は2位で、10.0 (ha)です。

・県内の主要産地は「栗原市、石巻市、山元町」等です。

2位:茨城県

茨城県のパプリカ生産量についての詳細
茨城順位数値全国シェア
生産量2位1,280 (t)20.0%
作付面積1位15.0 (ha)17.6%

・国産パプリカの生産量(収穫量)2位の産地、茨城県の年間生産量は1,280 (t)で、全国シェアは20.0%です。

・作付面積は1位で、15.0 (ha)です。

・県内の主要産地は「鉾田市、美浦村、水戸市」等です。

3位:北海道

北海道のパプリカ生産量についての詳細
北海道順位数値全国シェア
生産量3位764 (t)11.9%
作付面積7位5.0 (ha)5.9%

・国産パプリカの生産量(収穫量)3位の産地、北海道の年間生産量は764 (t)で、全国シェアは11.9%です。

・作付面積は7位で、5.0 (ha)です。

・道内の主要産地は「仁木町、赤井川村」等です。

スポンサーリンク

国内生産量の推移

日本のパプリカ生産量の推移グラフ2018年まで
年次全国宮城茨城北海道大分長野その他
2000年809096671051585
2002年1,073094861530848
2004年2,195151096413761,918
2006年2,3235521798131981,742
2008年3,05725042287483091,941
2010年2,6634045692861991,404
2012年3,99693255682962741,930
2014年3,6491,02385617892241,440
2016年4,5651,2511,122233463181,505
2018年6,3971,4411,2807647343571,821
表:日本のパプリカ生産量の推移(単位:トン)

・日本のパプリカ生産量は、増加傾向で推移しています。


【参考資料について】
ランキング表やグラフ等(個別に出典または引用表記のあるものを除く)は、農林水産省・水産庁またはFAO(国際連合食糧農業機関)によるデータを再編集または一部加工し、食品データ館が作成したものです。

タイトルとURLをコピーしました