【都道府県】冬瓜(とうがん)の産地・生産量ランキング

スポンサーリンク

日本の冬瓜(とうがん)生産量の概要

日本の冬瓜(とうがん)生産量ランキングのアイキャッチ

冬瓜(とうがん)の生産量、日本一は沖縄県です。

2位以降の順位とシェア・推移についても、表とグラフで掲載しています。
目次から任意の項目にジャンプすることもできます。

スポンサーリンク

最新ランキングと国内シェア

※「最新」の意味について:農林水産省による調査は「偶数年のみ」で、かつ統計の確報が公表される時期は「年末から数えて、およそ1年半後~2年半後」です(主要な野菜に指定されていない地域特産野菜の場合)。そのため、2019年の調査はなく、2020年(令和2年)の生産量については2022年以降の更新になると思われます。

日本の冬瓜(とうがん)生産量の割合グラフ2018年

・冬瓜(とうがん)生産量の日本一は沖縄県で、全国シェアは30.0%です(2018年)。

・生産量1位の沖縄県、2位の愛知県、3位神奈川県の3県あわせて、国内生産量の約61%を生産しています。

順位都道府県生産量全国シェア主要産地名(市町村名)
全国9,202 (t)
1位沖縄2,756 (t)30.0%宮古島市、伊江村、糸満市
2位愛知1,572 (t)17.1%豊橋市、東海市、田原市
3位神奈川1,252 (t)13.6%三浦市、小田原市、横浜市
4位岡山1,092 (t)11.9%瀬戸内市、新見市、総社市
5位和歌山686 (t)7.5%和歌山市、橋本市
6位鹿児島387 (t)4.2%奄美市、鹿児島市、知名町
7位長崎253 (t)2.7%雲仙市、長崎市・島原市
8位茨城234 (t)2.5%下妻市、鉾田市、常総市
9位大阪165 (t)1.8%泉佐野市、岸和田市、堺市(12)、和泉市(12)
10位千葉74 (t)0.8%山武市、匝瑳市、旭市
表:都道府県別の冬瓜(とうがん)生産量と全国シェア(2018年)
※都道府県名のクリックで、各都道府県の特産物一覧ページを開きます。

1位:沖縄県

沖縄県の冬瓜生産量についての詳細
沖縄順位数値全国シェア
生産量1位2,756 (t)30.0%
作付面積1位74.0 (ha)37.0%

・国産冬瓜の生産量(収穫量)1位の産地、沖縄県の年間生産量は2,756 (t)で、全国シェアは30.0%です。

・作付面積は1位で、74.0 (ha)です。
⇒これは沖縄県全体の約0.032%を占める広さに相当し、「沖縄県の約3082分の1は冬瓜畑」という計算になります。この「都道府県面積に対する冬瓜作付面積の割合」も沖縄県が1位です。

・県内の主要産地は「宮古島市、伊江村、糸満市」等です。

2位:愛知県

愛知県の冬瓜生産量についての詳細
愛知順位数値全国シェア
生産量2位1,572 (t)17.1%
作付面積3位20.0 (ha)10.0%

・国産冬瓜の生産量(収穫量)2位の産地、愛知県の年間生産量は1,572 (t)で、全国シェアは17.1%です。

・作付面積は3位で、20.0 (ha)です。

・県内の主要産地は「豊橋市、東海市、田原市」等です。

3位:神奈川県

神奈川県の冬瓜生産量についての詳細
神奈川順位数値全国シェア
生産量3位1,252 (t)13.6%
作付面積4位17.0 (ha)8.5%

・国産冬瓜の生産量(収穫量)3位の産地、神奈川県の年間生産量は1,252 (t)で、全国シェアは13.6%です。

・作付面積は4位で、17.0 (ha)です。

・県内の主要産地は「三浦市、小田原市、横浜市」等です。

スポンサーリンク

国内生産量の推移

日本の冬瓜(とうがん)生産量の推移グラフ2018年まで
年次全国沖縄愛知神奈川岡山和歌山その他
2000年11,6833,2012,8361,1702,3312551,890
2002年10,8542,3302,4331,1672,5282052,191
2004年11,7033,4102,5861,1471,9932012,367
2006年11,0483,4092,0571,2601,7392012,382
2008年12,1853,7562,5411,1902,0032012,494
2010年10,4782,2412,9991,1781,5091552,396
2012年11,5152,7312,0881,4251,6266413,004
2014年11,3261,8052,1201,4371,7305443,690
2016年10,9261,6282,1731,4471,5056883,485
2018年9,2022,7561,5721,2521,0926861,844
表:日本の冬瓜(とうがん)生産量の推移(単位:トン)

・日本の冬瓜生産量は、おおむね横ばいで推移しています。


【参考資料について】
ランキング表やグラフ等(個別に出典または引用表記のあるものを除く)は、農林水産省・水産庁またはFAO(国際連合食糧農業機関)によるデータを再編集または一部加工し、食品データ館が作成したものです。

タイトルとURLをコピーしました