【都道府県】長芋(ながいも)の産地・生産量ランキング

スポンサーリンク

日本の長芋(ながいも)生産量の概要

日本の長芋(ながいも)生産量ランキングのアイキャッチ

長芋(ながいも)の生産量、日本一は北海道です。

2位以降の順位とシェア・推移についても、表とグラフで掲載しています。
目次から任意の項目にジャンプすることもできます。

※ナガイモの生産量は、ヤマノイモの生産量の中に含まれています。

⇒ナガイモを含むヤマノイモの国内生産量については下記のページに掲載しています。
関連ページ:【都道府県】ヤマノイモの産地・生産量ランキング

⇒また、世界の類似ランキングのページもあります。
関連ページ:【世界】ヤマノイモの産地・生産量ランキング

・すりおろして⾷べることが多く、「とろろ」や「とろろいも」とも呼ばれます。
・⼭芋(ヤマイモ)、⾃然薯(ジネンジョ)とも呼ばれる⽇本の在来種のことを主に指します。
・ただし、⾵味や形状は異なりますが、もともとは中国が原産とされる⻑芋(ナガイモ)等も、これに分類されます。
・ナガイモの⼀種「いちょういも」は、関東では「⼤和芋(ヤマトイモ)」と呼ばれることが多いようです。

スポンサーリンク

最新ランキングと国内シェア

※「最新」の意味について:農林水産省による主要な野菜・果物の統計の確報が公表されるのは「翌年の12月頃」です。そのため、2020年(令和2年)の生産量については、2021年12月頃の更新になります。

日本の長芋(ながいも)生産量の割合グラフ2019年

・長芋(ながいも)生産量の日本一は北海道で、全国シェアは49.7%です(2019年)。

・生産量1位の北海道、2位の青森県、3位長野県の3道県あわせて、国内生産量の約91%を生産しています。

順位都道府県生産量シェア(構成比)
全国149,700 (t)
1位北海道74,400 (t)49.7%
2位青森55,800 (t)37.3%
3位長野6,730 (t)4.5%
4位岩手3,570 (t)2.4%
5位茨城2,710 (t)1.8%
6位鳥取1,560 (t)1.0%
7位秋田845 (t)0.6%
8位山梨602 (t)0.4%
9位千葉185 (t)0.1%
10位埼玉34 (t)0.0%
表:都道府県別の長芋(ながいも)生産量と全国シェア(2019年)
※都道府県名のクリックで、各都道府県の特産物一覧ページを開きます。

1位:北海道

北海道の長芋生産量についての詳細
北海道順位数値全国シェア
生産量1位74,400 (t)49.7%
結果樹面積2位2,060 (ha)38.8%

・国産長芋の生産量(収穫量)1位の産地、北海道の年間生産量は74,400 (t)で、全国シェアは49.7%です。

・作付面積は2位で、2,060 (ha)です。
⇒これは北海道全体の約0.025%を占める広さに相当し、「北海道の約4050分の1は長芋畑」という計算になります。

2位:青森県

青森県の長芋生産量についての詳細
青森順位数値全国シェア
生産量2位55,800 (t)37.3%
結果樹面積1位2,250 (ha)42.4%

・国産長芋の生産量(収穫量)2位の産地、青森県の年間生産量は55,800 (t)で、全国シェアは37.3%です。

・作付面積は1位で、2,250 (ha)です。
⇒これは青森県全体の約0.233%を占める広さに相当し、「青森県の約429分の1は長芋畑」という計算になります。この「都道府県面積に対する長芋作付面積の割合」は青森県が1位です。

3位:長野県

長野県の長芋生産量についての詳細
長野順位数値全国シェア
生産量3位6,730 (t)4.5%
結果樹面積3位285 (ha)5.4%

・国産長芋の生産量(収穫量)3位の産地、長野県の年間生産量は6,730 (t)で、全国シェアは4.5%です。

・作付面積は3位で、285 (ha)です。
⇒これは長野県全体の約0.021%を占める広さに相当し、「長野県の約4758分の1は長芋畑」という計算になります。

スポンサーリンク

国内生産量の推移

日本の長芋(ながいも)生産量の推移グラフ2019年まで
年次全国北海道青森長野岩手茨城その他
2007年158,70065,20071,8009,5703,5408,590
2008年150,10062,50066,5009,5803,3108,210
2009年138,00059,20059,5008,6503,0807,570
2010年145,20067,70058,6008,3703,3507,180
2011年137,00059,00060,0007,8903,3906,720
2012年138,90062,50058,5007,8703,4806,550
2013年136,50057,60059,0007,8603,1903,0805,770
2014年141,40061,80059,1008,1803,4702,9205,930
2015年138,20061,70056,5007,5303,6102,8905,970
2016年124,70050,90052,9008,0003,5503,1306,220
2017年138,30064,00053,8007,5803,3803,0506,490
2018年134,40060,40054,0007,1003,4902,9706,440
2019年149,70074,40055,8006,7303,5702,7106,490
表:日本の長芋(ながいも)生産量の推移(単位:トン)

・日本の長芋生産量は、おおむね横ばいで推移しています。


【参考資料について】
ランキング表やグラフ等(個別に出典または引用表記のあるものを除く)は、農林水産省・水産庁またはFAO(国際連合食糧農業機関)によるデータを再編集または一部加工し、食品データ館が作成したものです。

タイトルとURLをコピーしました