【都道府県】ナスの産地・生産量ランキング

スポンサーリンク

日本のナス生産量の概要

日本のナス生産量ランキングのアイキャッチ

ナス(茄子)の生産量、日本一は高知県です。

2位以降の順位とシェア・推移についても、表とグラフで掲載しています。
目次から任意の項目にジャンプすることもできます。

※なお、世界の生産量ランキングのページもあります。
関連ページ:【世界】ナスの産地・生産量ランキング

スポンサーリンク

最新ランキングと国内シェア

※「最新」の意味について:農林水産省による主要な野菜・果物の統計の確報が公表されるのは「翌年の12月頃」です。そのため、2020年(令和2年)の生産量については、2021年12月頃の更新になります。

日本のナス(茄子)生産量の割合グラフ2019年

・ナス(茄子)生産量の日本一は高知県で、全国シェアは13.5%です(2019年)。

・生産量1位の高知県、2位の熊本県、3位群馬県の3県あわせて、国内生産量の約34%を生産しています。

順位都道府県生産量シェア(構成比)
全国301,700 (t)
1位高知40,800 (t)13.5%
2位熊本35,300 (t)11.7%
3位群馬26,500 (t)8.8%
4位福岡18,500 (t)6.1%
5位茨城15,900 (t)5.3%
6位栃木13,500 (t)4.5%
7位愛知12,900 (t)4.3%
8位埼玉9,620 (t)3.2%
9位京都8,290 (t)2.7%
10位徳島6,670 (t)2.2%
表:都道府県別のナス(茄子)生産量とシェア(2019年)
※都道府県名のクリックで、各都道府県の特産物一覧ページを開きます。

1位:高知県

高知県のなす生産量についての詳細
高知順位数値シェア(構成比)
生産量1位40,800 (t)13.5%
作付面積8位324 (ha)3.7%

・ナスの生産量(収穫量)1位の産地、高知県の年間生産量は40,800 (t)で、全国シェアは13.5%です。

・作付面積は8位で、324 (ha)です。
⇒これは高知県全体の約0.046%を占める広さに相当し、「高知県の約2192分の1はナス畑」という計算になります。

2位:熊本県

熊本県のなす生産量についての詳細
熊本順位数値シェア(構成比)
生産量2位35,300 (t)11.7%
作付面積4位425 (ha)4.9%

・ナスの生産量(収穫量)2位の産地、熊本県の年間生産量は35,300 (t)で、全国シェアは11.7%です。

・作付面積は4位で、425 (ha)です。
⇒これは熊本県全体の約0.057%を占める広さに相当し、「熊本県の約1743分の1はナス畑」という計算になります。

3位:群馬県

群馬県のなす生産量についての詳細
群馬順位数値シェア(構成比)
生産量3位26,500 (t)8.8%
作付面積2位530 (ha)6.1%

・ナスの生産量(収穫量)3位の産地、群馬県の年間生産量は26,500 (t)で、全国シェアは8.8%です。

・作付面積は2位で、530 (ha)です。
⇒これは群馬県全体の約0.083%を占める広さに相当し、「群馬県の約1200分の1はナス畑」という計算になります。この「都道府県面積に対するナス作付面積の割合」は群馬県が1位です。

注目:京都府(9位)

京都府のなす生産量についての詳細
京都順位数値シェア(構成比)
生産量9位8,290 (t)2.7%
作付面積17位179 (ha)2.1%

・京都府の野菜に関しては、「京の伝統野菜」が、地域団体商標(地域ブランドのようなもの)に指定されています。
・京の伝統野菜であるナスは以下の2つです。

賀茂なす1個250gから300gほどもある大型の丸なす。
肉質が緻密で、煮炊きしても型くずれしません。
揚げ物に適し、特に丸形をいかした田楽が親しまれています。
京山科なす玉子を大きくしたような丸みのあるふっくらとしたなすです。
肉質が緻密で、煮炊きしても型くずれしません。
煮物、焼きなす、ぬか漬けなどに適しています。

・ちなみに、一世帯(単独世帯除く)当たりのナスの年間購入金額が1位です(都道府県庁所在地間での比較)。京都府は、ナスの産地であると同時に、有数の消費地でもあります。

スポンサーリンク

国内生産量の推移

日本のナス(茄子)生産量の推移グラフ2019年
年次全国高知熊本群馬福岡茨城その他
2002年432,30044,50029,90024,80030,10021,800281,200
2003年395,80043,20029,30023,40028,10020,100251,700
2004年390,20039,70031,40024,70027,60020,300246,500
2005年395,70039,10032,60024,40028,800270,800
2006年371,90038,50033,60022,00027,00020,300230,500
2007年371,80040,80033,00022,80026,10019,600229,500
2008年365,90038,50032,70023,30025,40020,100225,900
2009年349,10038,20031,90021,70024,80019,500213,000
2010年330,10029,90030,60022,70023,20018,400205,300
2011年322,40033,70031,00022,10021,80017,300196,500
2012年327,40031,90030,60023,20020,60017,400203,700
2013年321,20036,70031,00022,60020,50017,900192,500
2014年322,70040,00033,60021,00020,90018,100189,100
2015年308,90038,20031,70021,70018,70017,500181,100
2016年306,00038,90030,70023,50017,90017,800177,200
2017年307,80041,70031,40024,60021,10017,800171,200
2018年300,40039,30031,70025,80020,90016,600166,100
2019年301,70040,80035,30026,50018,50015,900164,700
表:日本のナス(茄子)生産量の推移(単位:トン)

・日本のナス生産量は、減少傾向にあります。

・生産量上位県の生産量は横ばい傾向ながら、その他の都道府県の生産量が減少しています。


【参考資料について】
ランキング表やグラフ等(個別に出典または引用表記のあるものを除く)は、農林水産省・水産庁またはFAO(国際連合食糧農業機関)によるデータを再編集または一部加工し、食品データ館が作成したものです。

タイトルとURLをコピーしました