【都道府県】いちじくの産地・生産量ランキング

スポンサーリンク

日本のいちじく生産量の概要

日本のいちじく生産量ランキングのアイキャッチ

イチジク の生産量、日本一は和歌山県です。

2位以降の順位とシェア・推移についても、表とグラフで掲載しています。
目次から任意の項目にジャンプすることもできます。

※なお、世界の生産量ランキングのページもあります。
関連ページ:【世界】イチジクの産地・生産量ランキング

スポンサーリンク

最新ランキングと国内シェア

※「最新」の意味について:農林水産省による統計の確報が公表されるのは「年末から数えて、およそ2年後~2年半後」です(主要な果物に指定されていない特産果樹の場合)。そのため、2020年(令和2年)の生産量については、2023年以降の更新になると思われます。

日本のいちじく(フィグ)生産量の割合グラフ2017年

・イチジク 生産量の日本一は和歌山県で、全国シェアは17.6%です(2017年)。

・生産量1位の和歌山県、2位の愛知県、3位兵庫県の3県あわせて、国内生産量の約45%を生産しています。

順位都道府県生産量全国シェア主要産地名(市町村名)
全国12,968 (t)
1位和歌山2,278 (t)17.6%紀の川市、和歌山市、岩出市
2位愛知2,008 (t)15.5%安城市、刈谷市、常滑市
3位兵庫1,590 (t)12.3%神戸市、川西市、淡路市
4位大阪1,367 (t)10.5%羽曳野市、河南町、和泉市
5位福岡1,086 (t)8.4%行橋市、朝倉市、柳川市
6位広島692 (t)5.3%尾道市、江田島市、福山市
7位奈良489 (t)3.8%大和郡山市、安堵町、天理市
8位京都476 (t)3.7%城陽市、木津川市、京都市
9位静岡418 (t)3.2%静岡市、藤枝市、掛川市
10位千葉374 (t)2.9%市原市、袖ケ浦市、香取市
表:都道府県別のいちじく(フィグ)生産量と全国シェア(2017年)
※都道府県名のクリックで、各都道府県の特産物一覧ページを開きます。

1位:和歌山県

和歌山県のイチジク生産量についての詳細
和歌山順位数値全国シェア
生産量1位2,278 (t)17.6%
結果樹面積2位100 (ha)10.1%

・国産イチジクの生産量(収穫量)1位の産地、和歌山県の年間生産量は2,278 (t)で、全国シェアは17.6%です。

・結果樹面積は2位で、100 (ha)です。
⇒これは和歌山県全体の約0.021%を占める広さに相当し、「和歌山県の約4748分の1はイチジク園」という計算になります。

・県内の主要産地は「紀の川市、和歌山市、岩出市」等です。

2位:愛知県

愛知県のイチジク生産量についての詳細
愛知順位数値全国シェア
生産量2位2,008 (t)15.5%
結果樹面積1位135 (ha)13.7%

・国産イチジクの生産量(収穫量)2位の産地、愛知県の年間生産量は2,008 (t)で、全国シェアは15.5%です。

・結果樹面積は1位で、135 (ha)です。
⇒これは愛知県全体の約0.026%を占める広さに相当し、「愛知県の約3826分の1はイチジク園」という計算になります。この「都道府県面積に対するイチジク結果樹面積の割合」は愛知県が1位です。

・県内の主要産地は「安城市、刈谷市、常滑市」等です。

3位:兵庫県

兵庫県のイチジク生産量についての詳細
兵庫順位数値全国シェア
生産量3位1,590 (t)12.3%
結果樹面積5位69 (ha)7.0%

・国産イチジクの生産量(収穫量)3位の産地、兵庫県の年間生産量は1,590 (t)で、全国シェアは12.3%です。

・結果樹面積は5位で、69 (ha)です。
⇒これは兵庫県全体の約0.008%を占める広さに相当し、「兵庫県の約12211分の1はイチジク園」という計算になります。

・県内の主要産地は「神戸市、川西市、淡路市」等です。

スポンサーリンク

国内生産量の推移

日本のいちじく(フィグ)生産量の推移グラフ2017年まで
年次全国和歌山愛知兵庫大阪福岡その他
2003年16,0521,7354,2131,7246901,9405,750
2004年15,2011,6624,4411,5866801,1755,656
2005年15,9421,9823,8201,6297801,6936,038
2006年14,6321,9463,4231,5578201,2715,616
2007年14,9122,2613,1581,6198411,1975,837
2008年15,1722,3263,1401,5438951,3635,904
2009年14,9572,2312,9031,3261,1801,3365,981
2010年14,7632,2842,8141,2821,5301,2815,573
2011年14,5002,2842,5161,3361,5111,3625,493
2012年14,5682,3332,7261,3301,3461,3905,443
2013年13,8422,1082,7341,2441,3511,2485,157
2014年13,9412,2072,4791,4131,3571,3455,142
2015年13,5762,2642,2721,5871,3571,2474,849
2016年13,7942,2982,6231,6351,3631,1984,678
2017年12,9682,2782,0081,5901,3671,0864,639
表:日本のいちじく(フィグ)生産量の推移(単位:トン)

・日本のイチジク生産量は、やや減少傾向で推移しています。

・特に愛知県の生産量が激減しており、長く全国シェア1位をキープしていましたが、2017年に2位に転落しています。

・それとは対照的に、全国シェア現1位の和歌山県や4位大阪府のイチジク生産量は、増加傾向にあります。


【参考資料について】
ランキング表やグラフ等(個別に出典または引用表記のあるものを除く)は、農林水産省・水産庁またはFAO(国際連合食糧農業機関)によるデータを再編集または一部加工し、食品データ館が作成したものです。

タイトルとURLをコピーしました